ご利用までの流れ

STEP 1
市町村への申請
介護保険によるサービスを利用するには、要介護認定の申請が必要になります。
申請には、申請書類が必要です。

STEP 2
訪問・認定調査
市町村職員が訪問し、聞き取り調査を行います。

STEP 3
審査判定
一次判定
調査結果及び主治医意見書の一部の項目はコンピューターに入力され、全国一律の判定方法で要介護度の判定が行なわれます。

二次判定
一次判定の結果と主治医意見書に基づき、介護認定審査会による要介護度の判定が行なわれます。

STEP 4
認定結果の通知
日常生活動作の介助度によって、介護度が決まります。

非該当(自立)

要支援1・2
地域包括支援センターと契約し「介護予防プラン」の作成を依頼。在宅や施設サービスが利用できます。

要介護1~5
居宅介護支援事業所(=ケアプランセンター)のケアマネージャーに「ケアプラン」の作成を依頼。サービス提供事業者と契約し、サービスを利用できます。

STEP 5
ケアプラン(介護・介護予防サービス計画書)の作成

STEP 6
介護サービス利用の開始



まずは「オリーブ訪問看護ステーション阿倍野」にご相談下さい。

ケアマネージャーさまのご紹介、

市町村への申請からサポートします。

オリーブ訪問看護ステーション阿倍野 採用ホームページ