スタッフ紹介・先輩社員の声

管理者 Abe

看護師 Abe

心優しいスタッフが多く、いつも助けられています

スタッフを取りまとめる仕事を担当しています。取りまとめるとはいえ、心優しいスタッフが多く、いつも助けられています。

その他にもスタッフことや今まで出会った患者さまのことで自慢したいことがたくさんあります。

大切にしているのは、小さなことでも相談し合えるスタッフ間の関係づくりです。そこで当ステーションではスタッフ間のコミュニケーションを潤滑にするため、コーディネーターを採用しています。また会社とスタッフがお互いに尊重し合える関係であるように、これからも働きやすい環境づくりを目指していきます。

当事務所の特徴としては

 ①平均年齢が若いこと(※個人的な見解です)

 ②管理者以外は訪問看護未経験からスタート  です。

勤務時間や勤務形態の希望にはなるべく応じ、OJT教育の確立など訪問看護未経験者の負担や不安を少しでも軽減できるよう努めています。週に2~3回の非常勤スタッフや正社員など、働き方はそれぞれ。

私自身、看護師としてやっていけるか悩んだ時期もあります。しかし訪問看護は私の考える『親切で親身な看護が追及できる場』であり、『看護師としての能力を最大限に発揮できる』やりがいのある仕事と感じています。ぜひチェックのある方はぜひ、一緒に楽しく働きませんか。

看護師 Shikata

看護師 Shikata

より質の高い訪問看護を目指すうちに、、理想像は現在も追及中です

当ステーションで勤務し4年目となりました。いずれは訪問看護を経験したいと思ってはいましたが、予想よりはるかに早いスタートになりました。当初は、『未経験の私が何の力になれるだろうかと不安もあり、非常勤から始めました。訪問看護特有のケアだけでなく、マナー・礼儀・接遇など今までの経験では学びにくい分野も強化できた気がします。一方で私自身、訪問看護のノウハウや当たり前と思われている訪問看護の特性など、病院での当たり前から考え方を替えるのに時間がかかりました。

徐々に訪問看護師としての自分が見えてきた頃、管理者と相談しながら現在では常勤として勤務しています。管理者からの無理な依頼はなく、<言い合える関係>を大事にしている上司であることから、こちらの意見は遠慮なく伝えています。

また、教育係の役割を非力ながらに担っております。教育面での私のモットーは、

 ☆個々の能力を最大限に活かす

 ☆余計なストレスは徹底排除

 ☆珍プレーは気にするな です。ぜひともホームページからのご応募お待ちしています。

最後に、訪問看護師としてのやりがい・理想像は現在も探しています。それは日々学びが多く、より質の高い訪問看護を目指す内にどんどん深みにはまっているからです。自分の固定概念をなくし、柔軟に、日々変化しながら看護師としての能力をアップデートできるよう努めています。もちろん、白衣の天使になれるような気持の良い対応と、眩しいスマイルも!(⇦スタッフに突っ込まれそうです)

皆さまが気になる社内雰囲気は、当社のFacebookでもご確認ください。

また、福利厚生は年々バージョンアップしています。私たちスタッフの声(私利私欲もありますが)を福利厚生という形で聞いてもらえているからです。職場環境や福利厚生が整っていることも、従業員としては重要なポイントですよね。

ちなみに、福利厚生の一つとして入社手当というものがあり、勤務形態関らず直接応募で入社したスタッフに付与されます。私は直接応募で入社したので、きっちりしっかりと頂きました。また、正社員にはボーナス以外にギフトもあります。(非常勤さんも別途あり♪)迷っている方、別ルートで検討している方は特に直接応募をオススメします!

看護師 Shimizu

コーディネーター Sumihara

思い切って飛び込み、一人前の訪問看護師になるように頑張ってます

これまで病院で勤務を長い間してきたのですが、身内を介護する中で訪問看護にお世話になる経験があり、そのころから少しづつ興味があり、この度思い切って飛び込んでみることにしました。

スタッフの年齢層が若いということに若干引け目を感じていたのですが、皆様お優しく迎え入れてくださいました。

訪問看護ステーションは現在、数がどんどん増えてきているので、どこのステーションにしようかかなり迷いました。私は当社のホームページを見て、管理者の熱い想いにグイグイ引き寄せられてここに決めました。

入職後は、病棟勤務とのあまりの違いにびっくりすることも多く、正直今までの経験は一体…と思ってしまうことも多々あります。先輩方も病棟勤務の経験者なのでそこは上手くフォローしてくださいます。ですので、一から学び直そうという気持ちで頑張っています。

患者様から励ましのお言葉をいただくことも多く、本当にありがたく思っています。

少しでも早く、一人前に訪問看護師として活動することで在宅療養されている患者様のお力になれるよう頑張っていきたいと思います。

看護師 Nakahata

看護師 Kishimoto

いつかはと思っていた「訪問看護師」、子育てしながら勤務しています

私が訪問看護に興味を持ったのは、病院で担当していた患者様が退院後に在宅で訪問看護をのサービスを受けて家族さまと一緒に自分らしく暮らしながら、最期を迎えられたという話を聞いた時でした。その時から、『いつかは訪問看護師になりたい』と思いながらもなかなか勇気が出ず、病院での勤務を続けていました。

当ステーションのホームページを見つけ、ここならば未経験でも教育を受けながらやりたかった看護ができるのではないかと思い入社しました。

病院での方法や常識に慣れていたため、当たり前と思っている看護のやり方や考え方を変えていくことに最初は戸惑いましたが、今は自分が訪問看護を受ける立場であればどう思うかを考えながら訪問するようになりました。一人で訪問することに不安は未だ感じますが、現場で不安なことや分からないことをその都度確認できるため安心感もあります。今は、「ありがとう」と笑顔で言ってもらえることも増え、やりがいを感じています。

子育てしながらの勤務なので急な勤務変更もありますが、当ステーションは柔軟に対応してもらい働きやすい環境だと思います。

看護師 Tahara

コーディネーター Sumihara

憧れていた「訪問看護」に挑戦。子育てと両立して頑張っています

以前は10年ほど病院勤務をしておりました。最後に勤務していた病棟が地域包括病棟であり、訪問看護師との関わることも多く、病院では見ることの出来ない、在宅で寄り添いながらできる看護に対して憧れがありました。また、私の祖母も人工肛門があり、実際訪問看護師さんにはとてもお世話になっており、家族側からの思いとしてもとても有難い存在でした。

育児休暇からの転職で、看護ができるかという不安も多くありましたが、こちらのアットホームな雰囲気と教育体制に心ひかれて応募「挑戦」しました。

丁寧に説明や指導があり、同行も繰り返ししてくださり、その後の振り返りまでしっかりして頂けるので、次に繋ぐことができています。

それでも一人だと不安な気持ちも消えてなくなりませんが、現場での連絡や相談もしっかりできる環境なので、不安が軽くなります。一人で訪問はしますが、利用者様がよりよく在宅で過ごすことができるようにチームとして動いていることを実感し、日々看護のやりがいを感じております。

 

こんな私が訪問していいのか、自分に自信がもてず、色々スランプに陥ることもありました。しかし、そんなときでもスタッフの皆様は優しくサポートして下さり、スランプから脱出して自分自信の成長にも繋げることができていると感じています。

コロナ渦の中、子どもの休校や体調不良にも柔軟に対応して頂き、とても助かっています。オンとオフをしっかりと、休憩中には笑いの絶えない仲間達とリフレッシュしています

理学療法士 Tujimura

コーディネーター Sumihara

多くの時間を過ごす「お家」のなかの運動を、一緒に考えたい

私は以前勤めていた療養型の病院で外来・入院・訪問を経験するなかで

 ・自宅ではどう運動していいか分からない

 ・1人だとつい後回しにしてしまう

 ・通いたいけど、1人では外に行けない と言った声を効くことがありました。

実際に在宅医療(訪問)をしてみて、沢山の時間を過ごすお家なので、安全に運動してもらう環境や方法の提案を実際に患者様とその場でできるは本当に大切なことだなと実感しています。

その在宅医療の中でも、訪問看護ステーションに勤めるのは初めてです。

病院と違いすぐに直接相談できる医師が近くにいない事に、最初のころは不安がかなりありました。しかし今では、とても頼りになる看護師がいるので病状や身体状況はもちろん患者様への対応の仕方など教えてもらえたり、他職種(医師や家族様)との連携もとても迅速なので、安心して業務を行えています。

言語聴覚士 Y

コーディネーター Sumihara

コーディネーター Sumihara

「話を聞いてもらってスッキリしました」との声をもらった時にはやりがいを感じます。

管理者より職場環境の重要性を語られ、『任せた』とお願されて、相談役として転職しました。仕事をする上で、人間関係はやりがいに大きく影響していると考えています。そこで、スタッフさんが悩んだり、また困った時に相談しやすい環境作りを常に心がけています。

この仕事は初めてで、スタッフそれぞれ考え方が違うため、正解がなくとても大変だと感じます。しかし、「話を聞いてもらってスッキリしました」「そんな考え方もあるんですね」との声をもらった時には、私自身もやりがいを感じます。

この職場は、仕事に対しては医療関係ということもあり、責任感を持ち真剣に取り組んでいます。一方で、休憩時間では笑いが絶えずメリハリがあります。訪問看護という仕事は、看護師さんにとって特殊な面があると聞いています。一歩踏み出すのは勇気がいりますが、ここには手を差し伸べてくれるスタッフが大勢います。これからも、『一歩踏み出して良かった!』と思えるような職場でありたいと思います。

事務職 Nさん

オリーブ訪問看護ステーション阿倍野 採用ホームページ